食べる

春

三陸わかめ

三陸わかめ

三陸のわかめは身が厚くシャキシャキした食感が特徴です。
また早採りわかめは身が柔らかくしゃぶしゃぶにして美味しく召し上がれます。

花見かき(宮古)

花見かき(宮古)

花見シーズンである4月中旬から5月初旬に最も実入りがよく、味も濃くなる絶品のカキ。時間をかけて育てるため数量限定の貴重品で、和洋中どんな料理でも美味。

夏

ウニ(丼)

ウニ(丼)

良質な海藻を食べて育った極上のウニ。夏は生で食べたいが、塩ウニや焼きウニもおいしい。

ホヤ

ホヤ

堅い殻の中に詰まったオレンジ色の身は、やみつきになる旨さ。焼きホヤ、蒸しホヤも美味。

秋

さんま

さんま

千島列島から下ってきた秋刀魚は、陸中海岸の沖合いで最も脂がのり、引き締まった身、ワタの風味も抜群。

鮭

宮古は秋鮭の漁獲高が本州一。それだけにおいしい食べ方がいろいろあり、店独自のメニューも多数。

冬

毛ガニ

毛ガニ

宮古をはじめ、冬の陸中海岸では、身の引き締まった風味豊かな毛ガニが有名。濃厚なカニミソも絶品だ。

アワビ

アワビ

三陸の昆布やワカメを食べて育つアワビは肉厚で旨みたっぷり。刺身やバター焼き、炭火で焼いて美味。

お土産はこちら
かもめの玉子
さいとう製菓株式会社

ページの先頭へ